便利な防災・貯水グッズのご紹介

水を備蓄するためのグッズは様々なものが登場してきています。

どの備蓄グッズを購入するかは、保管スペースに合わせて選びましょう。

また、どのように水を利用したいのかが重要となってきます。

飲用水なら清潔な水を確保できるためのグッズ、生活用水なら大量に水を確保するためのグッズが必要となります。

では、いくつかの水を備蓄するためのグッズを紹介します。

貯水タンク
定期的に水道水をタンクに入れ、いざというときに備えるというものです。 古くなった水は入れ替える必要がありますが、
その古くなった水は洗濯用水や花の水やりに利用することができるので、 ムダな水を出さないで済み、災害にも備えることが出来るので便利です。

楽天の雨水貯水タンクはこちら

Amazonの雨水貯水タンクはこちら

貯水袋
コンパクトなタイプの水の備蓄グッズです。
こちらにもいろいろなサイズがあり、値段も様々です。
顔を洗ったり、手を洗ったりするのに便利です。
ウォーターサーバー
赤ちゃんが居る家庭の防災のための貯水は、ウォーターサーバーがぴったり。
キレイな水で、「軟水」という赤ちゃんにも安心して飲ませることができる水が手に入るので、ミルク作りが必要な赤ちゃんでも心配なく飲ませる事ができます。
もちろん大人でもおいしく飲む事ができるので、調理用水はもちろん、飲み水として必須となるでしょう。
参照:赤ちゃんのウォーターサーバー

水の価格が安いアルピナウォーターはこちら

その他防災グッズ紹介など

防災のための貯水グッズは様々なものがあります。

溜めておくだけでなく、いつでもどこでも飲料水が飲めるという状態にしておきたいですよね?

緊急時に持ち歩いていると便利なのは「小型浄水」という携帯型の浄水器です。

災害時に、水を支給するための車が到着するようになっているのですが、その車が到着するまでの間はこの「小型浄水」が役に立ちます。

備蓄していた水を小型浄水に通すだけで、簡単に飲料水に変えることができるのです。
電源も電池も不要なので使う場所を選びません。

注意していただきたいのは、海水を淡水化することができないという点です。

たしかに海の水を飲めるようにできれば凄く便利なのですが、残念ながらそういった用途には使用できません。

でも、キャンプや海外旅行に持参するとすごく役立ちます。

ストロータイプで汚れた水を吸い上げ、その途中で浄化するというタイプのものや、ペットボトルからストロー状のもので水を吸い上げ、浄水にするというタイプのものなどがあります。

ニーズに応じて購入しておくようにするのがオススメです。

個人的にはストロータイプの小型浄水器が持ち運びできるので便利だと思います。

楽天の携帯浄水器はこちら

Amazonの携帯浄水器はこちら