飲用水と生活用水、それぞれの備蓄方法

飲用水は清潔で安心して飲むことができる、というのが前提です。

ただ溜めて置いておけばいい・・というわけにはいかないのが難点です。

飲用水の備蓄の方法はいくつかありますが、その中でもオススメな方法を紹介します。

ペットボトルに溜め、災害時に薬剤で消毒
ペットボトルやタンクなどに定期的に水を溜めておき、災害時には薬剤を入れて消毒し、飲用水として使用するという方法があります。
薬剤を購入する手間と費用はかかるのですが、熱湯消毒のように電気や火を必要としないので災害時にぴったりです。
消毒する場所を選ばないというのも良い点です。
携帯できる浄水器
汚れた水を浄水することができる、「携帯浄水器」を利用し、雨水を飲料水にするという方法もあります。 赤ちゃんに与えるには少し心配ですが、大人なら問題なく飲める程度にまでキレイになります。

楽天の携帯浄水器はこちら

Amazonの携帯浄水器はこちら

ウォーターサーバーを設置
ウォーターサーバーのメーカーと契約して、ウォーターサーバーを設置しておきます。
定期的にキレイな水が入ったタンクやボトルを届けてくれるので、邪魔になったり運ばないといけない、などという手間もかかりません。
災害に備えておく場合、専用のタンクやボトルを屋根裏などの邪魔にならない場所に保管しておくと、いざというときに利用できるので安心です。

水の価格が安いアルピナウォーターはこちら

【生活用水の備蓄方法】

生活用水は、飲料水と違ってそこまでキレイでなくても良いといわれています。

生活用水を溜めるうえで大切なのは、質よりも量です。

多ければ多いほど役に立つのが生活用水なので、沢山溜める事が必要となります。

では、生活用の水を備蓄する方法を紹介します。

貯水槽を購入して溜めておく
インターネットショッピングでも購入できる、”貯水槽”を購入し、 その貯水槽に水道水や雨水をためておくという方法です。 大きさも様々で、中には10000リットルもはいる貯水槽もあります。 場所を要しますが大量に貯水できるので便利です。
雨水貯水槽を設置する
屋根に振り落ちた雨が排水され、地面に落ちる中間で一時的に溜めておく容器が「雨水貯水槽」です。
普段からこの雨水貯水槽を利用しお風呂やシャワーを使用している家庭も多く、
非常時にもかなり役に立ちます。
飲むことはオススメできませんが、生活用水にはぴったりです。

楽天の雨水貯水タンクはこちら

Amazonの雨水貯水タンクはこちら

どの方法も安価ではないのですが、防災のために需要が増えてきています。

いざという時、困らないように設置しておきたいという人が多くなってきているのです。